春を呼ぶ雪の壁

3月。
ニュースでは「桜の開花は今年は早め。卒業式に咲くかも・・・」なんて話題もちらほら出てきましたが、ここ青森はまだまだ雪の中です。
そんな青森に春の訪れを告げる毎年恒例のイベントがあります。

「八甲田ウォーク」

青森市と十和田湖とを結ぶ国道103号「八甲田・十和田ゴールドライン」の一部、酸ヶ湯~谷地間は冬の間閉鎖され通行止めになっているのですが、4月1日に開通になります。
その開通直前の3月29日~31日に、除雪したての高さ最高9mにも及ぶ雪の回廊8.1㎞を歩きます。
そびえ立つ雪の回廊と八甲田の大自然が織りなす雄大な自然美はまさに圧巻!この3日間しか体験できない限定の特別イベントです!



集合場所に集まって、まずはみんなで準備体操。その後注意等の連絡事項伝達がありいよいよ出発!「がんばるぞ!おォ~!」の声とともにいざスタートです。

途中通過地点では距離を表す旗や積雪の高さを示すリボンがあり、みんな思い思いに記念撮影しています。あちらこちらで滑って転倒する人多数!気を付けてくださいね。
中間地点(約4㎞地点)にはトイレも設置してあります。

めでたくゴール!
その後は暖かいお鍋が提供されます。冷え切った体には嬉しい限りです。

雪の回廊を歩いた後は、青森が誇る酸ヶ湯温泉や奥入瀬渓流グランドホテルなどの名湯で温泉入浴が楽しめます。


毎年多くの参加者が集まる、1000~1500人規模のイベントです。
地元の人よりは観光旅行者の参加が目立つようです。旅行会社でもパッケージツアーを組んでいます。
3月末と言っても周りは雪の壁。また山間部なので天候も変わりやすく、青天のときはいいのですが、吹雪になるときも。これも自然の醍醐味のひとつですが。
気温も-4℃前後。くれぐれも防寒には手を抜かないよう・・・。
[PR]

by kitareevshimo | 2009-03-09 11:49  

星の金貨 >>